セキュリティ

APIの権限

代表的な取引所のAPIには、情報の参照・取引実行・仮想通貨の引出し等ありますが、Keiryの各利用方法で提示している権限を設定した場合、 原則情報の参照権限のみ委譲されることになるため、Keiry側でユーザ様の仮想通貨資産を引出す等の行為はできません。